VRゲーム VR関連機器

コントローラーフリーの時代は来るか。イリュージョンがPerception Neuronを使った研究を開始

Perception Neuron

VRの問題の一つに、どうやってVR世界と物理的な接触や物体の操作を可能にするかがあります。「Teslasuit」などいろいろな企業が研究中ですが、アダルトゲームメーカーのイリュージョンが「Perception Neuron」という動きをVR世界に取り込むシステムを使った研究を始めています。

今までは人の動きをコンピュータに取り込む(モーションキャプチャー)には大掛かりな装置やスタジオが必要でしたが、最近ではかなりコンパクトな装置でも可能になってきました。Perception Neuronは、体にセンサーを複数取り付け、その動きをVRの世界にフィードバックします。

細かな指の動きも再現

Perception Neuronは、手に付けたグローブで細かい指の動きも再現できるため、VRのキャラに対して胸をもんだり、愛撫したりといったことができるとのこと。イリュージョンのサイトではピストン運動や胸揉み、いじくりをPerception Neuronを使用して実演している様子がアップされています。

イリュージョンの開発風景

現状はまだ研究段階。実用にはもう少し時間がかかるか

Perception Neuronは18万円と高価なことや、全身に装置をつける手間等、まだまだ解決しなければならないことは多そうです。ただこれらが実用化され、快適に使用できた際の効果は非常に大きいと思われるので、ぜひとも安価でセッティングが簡単な装置を開発してもらいたいものです。

参考:
ILLUSION LAB
Perception Neuron

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

アッキー

アッキー

オトナのVR編集部ライター。アダルトVR動画からアダルトVRゲームまでアダルトVR全般に興味アリ。OculusやHOMiDO等を使って様々なアダルトVRを楽しみつつ、アダルトVRの進化を日々追いかけています。実写も3DCGも2Dも、エロいものには反応します。