VR関連機器

スイスのTerpon、視聴者の視線を感じさせる顔型デザインが特徴的なアダルトライブチャット用VRカメラを開発

Terpon

まだまだVRのライブチャットは一般的ではないですが、VRライブチャットこそ、VRの重要なコンテンツだと考えているスイスのスタートアップ「Terpon」が、アダルトライブチャットのためのカメラを開発中です。カメラは購入するのではなく、月額約30ドルからのレンタルで利用できます。

購入ではなくレンタルにするメリットについては、カメラがバージョンアップした場合でも、Terponから最新のカメラが送られてくるので、ユーザーは常に最新のカメラを使うことができます。Terpon側は、常に最新のカメラをユーザーに使ってもらうことで、古いバージョンのカメラをサポートしなくて済むというメリットがあります。

月額約30ドル~という価格設定については、月平均300~500ドル程度の収入の国(ルーマニアやコロンビア)の女の子にも使ってもらえる金額に設定したそうです。

カメラは、3Kのエルメスと4Kのアルテミスの2種類を用意。どちらも2眼で3D撮影が可能、USB3.0で接続可能なWindows PCやMacに対応します。外観は、敢えて視聴者の視線、「見られている感」をチャットレディに感じさせるよう、顔のようなデザインにしたとのこと。確かに愛嬌のあるロボットの顔のようなデザインです。

各カメラの主な仕様は以下のとおり(※開発中の為変更になる場合があります)。

エルメス VR ウェブカメラ

  • 解像度:3072×1536 (2x 1536×1536)
  • 最大フレームレート:30fps
  • 視野角:200°

アルテミス VR ウェブカメラ

  • 解像度:4K HD 4096×2048 (2x 2048×2048)
  • 最大フレームレート:60fps
  • 視野角:190°

また、アルテミスカメラで撮影されたデモ映像がYouTubeで公開されています。

Terponは、今月ベータ版のカメラ1000台を、有名なチャットレディに配布したとのことで製品版のリリースもそう遠くは無さそうです。TerponのCEOは、VRの鍵はライブチャットにあると考えているとのことですが、自社ではライブチャットサービスを行う予定はなく、あくまでもウェブカメラメーカーとして、VR時代のカメラ開発に注力していくとのこと。

海外ではCam4やAliceXなどがVRライブチャットサービスを提供していますが、日本ではまだこれからといった感のVRライブチャット。2017年内に日本でも何か動きがあるのかどうか、気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

アッキー

アッキー

オトナのVR編集部ライター。アダルトVR動画からアダルトVRゲームまでアダルトVR全般に興味アリ。OculusやHOMiDO等を使って様々なアダルトVRを楽しみつつ、アダルトVRの進化を日々追いかけています。実写も3DCGも2Dも、エロいものには反応します。