VR動画

女優とオナホが連動する!没入感を一つ上のレベルに押し上げる「VR+1D」で、アダルトVRを120%楽しもう!

女優とオナホが連動する!アダルトVRを一段階上のレベルへ押し上げる「VR+1D」でアダルトVRを120%楽しもう!

2017年に入り、益々アダルトVRが盛り上がりを見せています。新しい動画が毎日のように追加され、アダルトVR配信サイトも増えてきました。どのサイトもスマホで気軽に利用でき、だいたい価格は千円前後で購入できるところが多いでしょう。そうなると、どのサービスを利用したら良いのかわからないといった別の悩みが出てきます。何を基準にしてサイトを選べば良いのか判断が難しいところですね。

今回は、そんなサイト選びの判断基準の一つになるであろう、「Adult Festa VR」の動画連動についてご紹介します。

VR動画と電動オナホが連動!「VR+1D」に対応したアダルトVR配信サイト「Adult Festa VR」。

「Adult Festa VR」と他のサイトとの明確な違いの一つが

VR動画と電動オナホが連動するかどうか

です。この「アダルトVR動画と電動オナホの連動」に関しては、現時点ではおそらく国内ではAdult Festa VRだけが対応しています。

動画とオナホの連動は、例えばVR動画の中で女優がフェラをすると、同様のタイミングで電動オナホが動きます。セックスでも同様で、女優や男優が動くタイミングで電動オナホも動きます。電動オナホには、動画に合わせて連動のための信号が送信されていて、その信号を電動オナホが受け取って動きます。

VR動画とオナホが一緒に動くってなんだか凄そう、というのはなんとなく想像できると思いますが、実際にその連動を試すと、フェラのシーンではまるで本当にフェラされているかのような不思議なシンクロ感、没入感に筆者も驚かされました。もちろん体感には個人差がありますが、一度このシンクロ体験を味わうと、人によっては映像だけのVRには戻れなくなってしまうかもしれません。

その連動を実現するためにAdult Festa VRが採用している仕組み、規格が「VR+1D」です。当初はPCのみの対応でしたが、現在はスマホでも、Bluetooth対応の電動オナホ「A10サイクロン SA」などであれば連動が可能になりました。今のところ、通常のアダルトVRでは触覚を感じることができませんが、「VR+1D」は、チ○コや乳首に関しての触感をある意味実現したと言えるでしょう。

VR+1Dマーク

画像は「Adult Festa VR」の動画紹介ページ。「VR+1D」に対応している動画かどうかは「VR+1D」マークの有無で判別できる。

「VR+1D」を楽しむには、PCでは「D-PLAYER」、スマホでは「VR-X Media Player」を使用。

パソコンの場合は、「VR+1D」対応オナホを(ワイヤレスの場合は付属のUSBアダプタを)PCと接続し、Adult Festa VRからダウンロードできるVR動画プレイヤー「D-PLAYER」で「VR+1D」対応動画を再生することで、VR動画とオナホが連動します。

スマホの場合は、Bluetooth対応のA10サイクロン SAなどに限定されますが、スマホのBluetooth機能をオンにして、「VR-X Media Player」で「VR+1D」対応機器を登録することで連動が可能になります。

初めて連動させる場合でも手順さえ間違えなければ、こんなにもお手軽に連動するものか!とびっくりするくらい簡単にシンクロしてくれるはずです。

動画再生+グッズ連動

「VR+1D」をスマホで楽しむ(Adult Festa VRより参照)

「VR+1D」に最適な電動オナホ「A10サイクロン SA」。

当サイトでも何度か取り上げているVR+1D対応電動オナホ「A10サイクロン SA」。性家電とも言われるスタイリッシュなボディから繰り出す複雑な回転で、フェラからセックスまで幅広いプレイに対応します。「VR+1D」を楽しむなら、静音性にも優れた「A10サイクロン SA」がオススメ!他にも比較的お手頃価格の「MAIKO-DOS」もありますが、スマホと連動させたい場合はBluetooth接続可能な「A10サイクロン SA」一択でしょう。

A10サイクロン SA

A10サイクロン SA。価格は3万円弱程度。

A10サイクロン SAオススメホールは?

「A10サイクロン SA」には10種類ものホールがあり、どれを選べば良いのかこれまた悩ましいところ。定番でスタンダードなタイプの「マスター」でも良いですが、オトナのVR編集部がオススメする、VRに適したホールをご紹介します。

最初からチ○コをホールにセット可能。気持ち良さも抜群な「メデューサ」。

VRだとリアルな視界が遮られるため、できれば最初から電動オナホにチ○コをセットした状態で動画を楽しみたいところ。しかし、キツいホールだと勃起状態でないとホールにうまく入りません。その点、この「メデューサ」は開口部が広めのホールなので、チ○コが通常の状態でも、よほどサイズが大きいチ○コでなければセット可能。ホールの口が広いと気持ち良くないんじゃない?と思いがちですが、無数に飛び出た触手のような突起が複雑にまとわりつく快感は抜群。「A10サイクロン SA」の前作、R-1シリーズの「A10サイクロン」で一番人気だったホールをベースにしているので、折り紙付きの気持ち良さです。もちろん個人差はありますが、使い勝手と気持ちよさを両立したオススメのホールです。

フェラ動画に適した「ダブルフラップ」&「インフィニティ」。

フェラ動画に適しているのが二枚舌とも言われる「ダブルフラップ」。二枚のヒダが竿を舐めまわす舌のようにまとわりつきます。

また、突起が全くない「インフィニティ」は、内壁全面が包み込むように密着するのでフェラにもセックスにもマッチするホールです。

他にも、もっと刺激的なホールを望むなら、リアルマ○コのような無次元タイプの「ボルテックス」もオススメです。

「VR+1D」対応乳首舐めグッズと言えばコレ!「U.F.O. SA」。

VRでは、ハーレム作品も多く、その際によくあるプレイと言えば「乳首舐め」。バーチャルではペロペロ女優さんが舐めてくれるのに、リアル乳首を遊ばせておくのはもったいない!そんな悩みにも応えてくれるのが「VR+1D」。チクニーグッズの「U.F.O. SA」が、女優の乳首舐めのタイミングに合わせて乳首をペロペロしてくれちゃいます。

U.F.O. SA

U.F.O. SA価格は2万円前後。

「VR+1D」で、没入感は一段階上のレベルへシフトする!?

DMMなどの動画ランキングで、VR作品が上位にランクインしている状況などを見ても、アダルトVRが徐々に広まってきていることがわかります。アダルトVRをそれなりに体験して、目や耳からの刺激にはだいぶ慣れてきた、という方も結構いるかもしれませんね。

そんな方もそうでない方も、「VR+1D」とA10サイクロン SAを使って、もう一つ上のレベルの没入感にチャレンジしてみるのも面白いと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

アッキー

アッキー

オトナのVR編集部ライター。アダルトVR動画からアダルトVRゲームまでアダルトVR全般に興味アリ。OculusやHOMiDO等を使って様々なアダルトVRを楽しみつつ、アダルトVRの進化を日々追いかけています。実写も3DCGも2Dも、エロいものには反応します。