VR全般 VR動画

アダルトVRを見ながら手コキされる快感。バーチャル+リアル風俗の「かりんとVR」が近日オープン。

かりんとVR

女の子に手コキで抜いてもらうサービス、いわゆる「オナクラ」を運営する「かりんとグループ」が、アダルトVRとリアルな手コキサービスを組み合わせたハイブリッド型のオナクラ「かりんとVR」を2017年3月に開始予定であることを発表しました。

「かりんとVR」は、利用者がVRゴーグルをつけてアダルトVRを視聴しつつ、リアルな女の子に実際に手コキをしてもらうことで、自分で「する」際には味わえない、リアルな「してもらう感」を体感することができるサービス。

リアルな手コキならVRいらないんじゃないの?とも思いますが、VRを使用することで、好きな女優に手コキされているような感覚が味わえるのでメリットは少なくないでしょう。

バーチャル+リアル風俗サービスは、横浜の「痴漢イメクラ ラブステーション」がいち早く開始していますが、VRと「連動する」という映像と実際のプレイのハイブリッドという意味では「かりんとVR」がおそらく風俗界初でしょう。サービスも手コキがメインなので、リーズナブルな価格帯になると思われます(願望も込みで!)。

まずは赤坂と渋谷でサービスを開始する予定とのこと。また、音を振動に変えるアダルトアクセサリーや、オープンソースの「fuckapi」などを開発する「ONASIS」などと提携し、リアルな女の子の手コキとVRの3Dキャラクターの手コキを連動させるサービス等も実現に向けて事業化を行っていくとのことです。

かりんとVR公式サイトでメールアドレスを登録しておくと、オープン情報&最新情報が受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

アッキー

アッキー

オトナのVR編集部ライター。アダルトVR動画からアダルトVRゲームまでアダルトVR全般に興味アリ。OculusやHOMiDO等を使って様々なアダルトVRを楽しみつつ、アダルトVRの進化を日々追いかけています。実写も3DCGも2Dも、エロいものには反応します。