VR動画 コラム

ハーレム、乳首舐めVRをより楽しむためのチクニーグッズ&乳首開発入門

クリスマスも終わり、いよいよ2016年も残りわずかとなりました。11月以降、Adult Festa VRやDMMなどでアダルトVR動画が多数配信され、多くの方が楽しいアダルトVRライフを過ごされていることと思います。配信されている作品の中には、複数の女の子に囲まれてフェラされながら乳首を舐められる作品なども多数ありますが、こういった作品をチ○コの刺激だけで楽しむのはちょっと物足りないですよね。

ということで、今回はチ○コだけでなく乳首刺激により、さらにアダルトVRを楽しくしてくれるグッズや、乳首は感じないんだよね、という方向けに乳首開発方法についてもご紹介します!

「VR+1D」対応作品に連動して動作する「U.F.O. SA」。

多数のチクニーグッズがある中で、VRでチクニーを楽しむのであれば、Adult Festa VRの「VR+1D」作品と連動して動作するチクニーグッズ「U.F.O. SA」がオススメ。「VR+1D」というのは、Adult Festa VRが採用している、VR動画とアダルトグッズが連動する規格の名称で、動画の女優の動きに合わせて、グッズが動作するという優れモノ。動画で女優が男優の乳首を舐めると「U.F.O. SA」も連動して利用者の乳首を舐め回してくれちゃいます。

U.F.O. SA

U.F.O. SA。価格は2万円前後。

スピードは7段階から選べ、回転パターンも7種類あるので、動画連動無しでもそれなりのバリエーションが楽しめます。アクセサリには、指先や舌、ブラシを模したものや、花びらのような形状のローズタイプがあり、それぞれ違った感覚が味わえます。ローションはつけすぎず、ちょっと少ないかな?という量から試してみるのが良いでしょう。

U.F.O. SA アタッチメント

付属のアクセサリ。6種×2(右胸・左胸用)と種類も豊富。

スマホとU.F.O. SAを連動させるには?

スマホとU.F.O. SAを連動させるには、スマホのBluetooth機能と「VRX Media Player」を使用します。スマホでワイヤレスヘッドフォンなどのBluetooth機器を使用したことがある方はご存知かと思いますが、特に難しい作業は必要なく「VRX Media Player」を使って簡単に接続できます。

現状、U.F.O. SAと連動できるVR+1Dに対応しているのは、Adult Festa VRの作品のみで、DMM作品は非対応。U.F.O. SAにはたくさんの動作パターンがあるので、連動無しでも楽しめますが、連動機能を使うと、さらに没入感がアップしてアダルトVR動画が一層楽しめると思いますよ!

「乳首感じないんだよね~」って人はコレで開発!

男性で最初からメチャクチャ乳首の感度いいんだよね!って人も稀だと思います。そんな鈍感な乳首を敏感な乳首に変える方法として有名なのが「スポールバン開発法」!肩や背中のコリをほぐす薬局なんかに売っている「スポールバン」を使った開発方法です。Amazonだと20個入って1,530円程度で購入できます。

スポールバンには、小さな針がついていて、通常は、それを患部に当てて治療しますが、それをちょうど乳首に針が刺さるように貼ります。「針なんて怖い!」と思いがちですが、実際試してみるとほとんど何も感じません。スポールバンをグリグリ指で押し付けると、なんとなく針があるっぽいな~と感じられる程度。

貼ってすぐはほぼ何も感じませんが、数時間経つと、個人差はありますが、疼くようなかゆいような感覚になってきます。そのまま貼ったままにして、1~2日程度で張り替えます。貼ったままお風呂やシャワーにも入れます。これを1,2週間続けると、かなり感度が上がってくるはず。その後は、数日休憩して、また貼ってを繰り返していくとどんどん敏感乳首になっていきます。

こうして敏感乳首になった状態でU.F.O. SA+乳首舐めVRを体験すると、さらにアダルトVRが楽しくなることでしょう!ただし、人によっては、下着やシャツが乳首に当たるだけで感じてしまったり、乳首が大きくなったりしますので、やるかやらないかはあくまで自己責任で!

それでは、今日もハッピーアダルトVR!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

アッキー

アッキー

アダルトVR動画からアダルトVRゲームまでアダルトVR全般に興味アリ。OculusやHOMiDO等を使って様々なアダルトVRを楽しみつつ、アダルトVRの進化を日々追いかけています。実写も3DCGも2Dも、エロいものには反応します。