VR全般 コラム

VRは風俗店、ARはデリヘル!?VRとARについて

MicrosoftのHoloLens PV

現在、話題沸騰のVRですが、AR(拡張現実)と呼ばれる技術も、同様に盛り上がりを見せています。ここではVRとARの違いについて解説します。

VR – Virtual Reality(仮想現実)

「仮想現実」と訳されるVirtual Realityですが、Virtualとは「実質上の」といった意味で、「仮想現実」というのは本来適切な訳ではないと言われています。「ここに本当は存在しないけど、事実上、実質上あるとみなせる現実」といったニュアンスが正しいようです。コンピュータが作り出した世界や、ここではない遠隔地等に、ユーザーが入り込むのがVRです。映画の「マトリックス」や「アバター」が良い例でしょう。Oculus RiftやGear VR、Playstation VRは、基本的にはVRを実現するためのデバイスと言えます。

AR – Argumented Reality(拡張現実)

最近では、先日Microsoftが公開した「HoloLens」を使ったアメフト観戦のコンセプト映像が良い例です。下の動画を見てもらえば一目瞭然ですが、その名の通り、現実世界を拡張して、様々な情報を付加する技術です。映画で言うと、「デスノート」で他人の寿命がその人の頭上に見えるみたいなイメージでしょうか(例えがわかりづらい?)。「Google Glass」やMicrosoftのHoloLensなどがARのための代表的なデバイスです。

HoloLens コンセプト映像
自宅のテーブルにスタジアムが!

HoloLens コンセプト映像
見づらい!という意見もありそうですが、様々な情報が付加できます

HoloLens コンセプト映像
ただのテーブル上で小さい選手が走り回る!

まとめ

ユーザーが向こうの世界に入っていくのがVRで、現実世界に様々なものを付加したり出現させるのがARといったイメージですね。大雑把に言うと、VRは風俗店に行ってエッチ、ARはデリヘル嬢を自宅に呼んでエッチ、みたいなイメージです(違うかも・・・)。VRとARの両方を活用したSR(Substitutional Reality:代替現実)というものも研究されていたりします。これは異なる時間軸に入り込む、といったものでVRとARを組み合わせたようなものです。言葉ではなかなか伝わりづらいですが、以下の動画を見るとどういったものかが分かると思います。

こういった技術がどんどん実用化されて快適なバーチャルエッチが楽しめる日が早く来てほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

アッキー

アッキー

アダルトVR動画からアダルトVRゲームまでアダルトVR全般に興味アリ。OculusやHOMiDO等を使って様々なアダルトVRを楽しみつつ、アダルトVRの進化を日々追いかけています。実写も3DCGも2Dも、エロいものには反応します。